「琵琶のみやこ会」
ホームページ開設にあたって

 京都の地において誕生し大きく成長された企業の中から、多くの方々が滋賀県に進出され、京都府と滋賀県の両地に軸足を置いて、積極的に事業を展開しておられます。そうした企業の皆様を会員とする「琵琶のみやこ会」が平成7年に設立され、以来、会員相互の交流や府県等行政との情報交換を通じて、両府県の経済の活性化に大きく貢献してこられたことに対しまして、心から敬意を表します。

 古くから京都府と滋賀県は、経済はもとより、文化・生活など日常的にも極めて密接なつながりを有している地域です。しかし、一方では企業の皆様が事業活動を行っていく上で、両県間の垣根の存在が多少なりとも不都合と感じられているのではないかと思います。

 私は、國松知事さんとも定期的に会談を行うなど、両府県がそれぞれの特性を最大限に生かしつつ、緊密な連携を保ち、両県間の垣根をできる限り低くするよう心がけているところですが、「琵琶のみやこ会」は、行政間の連携を実りあるものにすると同時に、今後の新たな連携の種をまく意義深いものであると考えております。

 我が国の経済は、長引く不況からの改善の兆しが見えはじめたと言われておりますが、依然として厳しい状況にあります。そのような状況の下、長年にわたって築きあげられてきたネットワークを蓄積する京都府と今後ますます発展の期待が高まる滋賀県との緊密な関係が、これまでにも増して重要になって行くものと思われます。

 いよいよ21世紀を迎えようとするこの時期に、「琵琶のみやこ会」が京滋経済の発展に大きく寄与されることを期待いたしますとともに、会員企業の皆様におかれましては、両府県を足場に、一層御発展されますことを心から祈念いたします。

 最後に、京都府といたしまして、滋賀県との深い信頼・協力関係をこれまで以上に強化し、共に手を携えながら皆様方の事業活動を総力を挙げてバックアップすることをお約束し、応援のメッセージといたします。

平成11年9月吉日

「琵琶のみやこ会」
ホームページ開設にあたって

 京都と滋賀を舞台に多くの企業の皆様にご活躍いただいておりますが、とりわけ「琵琶のみやこ会」会員の皆様におかれましては、京滋の経済の発展に大きく寄与していただいており、厚く御礼申し上げます。

 滋賀県と京都府は独立した行政区域でありながら、生活や経済面からみると府県境の存在があまり意識されないほど両者の結びつきは強く深いと言えるのではないでしょうか。

 古くは近江商人が京都で幅広く活躍しておりましたし、今日では居住の場は滋賀県に、職場は京都に、あるいは、その逆といった傾向も出てきており、ますます京滋の一体化が進行していると思います。
 そうした状況の中、本会の皆様をはじめとした多くの元気な企業の方々が、京滋の境を越えて活発に活動しておられることは非常に心強く感じております。  今後とも両府県経済の活性化に大きく寄与していただくことを期待しております。

 わが国の経済は構造的な転換期に直面しているといわれておりますが、転換を図っていくためには、地域で次代を担う活力ある産業をどう創りだしていくのか、世界に通用する産業を育てられるのか、が重要な課題です。

 また、今までの効率優先の考え方から環境・福祉あるいは文化等も考慮に入れながら経済を育てていくことが必要となってきています。京滋には既に先駆的に取り組まれている企業の皆様が着実に実績を積まれているところですが、私は、こうした課題に対する取り組みにつきましても、「琵琶のみやこ会」会員の皆様のご活躍に大いにご期待申し上げるところでございます。

 本県としましては近江商人の精神である「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の三方よしの精神を大切に「たくましい経済県」を実現すべく京都府さんとのパートナーシップを大切にしながら本会の皆様をはじめとする企業の皆様を積極的にサポートしてまいりたいと考えております。

 最後に「琵琶のみやこ会」のますますの発展と、会員の皆様のご健勝を祈念いたしましてメッセージといたします。

平成11年9月吉日


琵琶のみやこ会ホームページへ
ようこそお越しくださいました。

代表幹事:株式会社曉電気製作所
代表取締役会長 西河勝男

 当会は、京都府内に本社があり、滋賀県内に工場や支店などの事業所がある企業の集まりです。

 京都府と滋賀県は、行政単位が違い日常活動でも別々に施策が行われています。しかし、企業間ではそのような違いは無く、例えば本社、工場と言う位置づけは違っても、企業レベルでは既に一体として活動しています。

 また、社員と言う立場から考えると、滋賀に住み、京都の会社に勤めている人もいます。また京都から滋賀へ転居したと言う人たちも沢山あり、住民レベルでも京滋は既に一体となっています。また最近では、二つの大学が京都から滋賀県へ移転し、益々京滋は一体となってきました。

 当会及び会員企業は、このような京滋両府県に立地し各地域にお世話になっていることから、地域に何かお役に立ちたいと考え、いわゆる行政のカベを低くし、京滋が更に一体となって発展出来るように、またそれにより会員企業も繁栄出来るようにと願って活動しています。

「琵琶のみやこ会」
ホームページ開設にあたって

代表幹事:京セラ株式会社
代表取締役会長 伊藤謙介

 京都府と滋賀県は、古来、地理的にも文化的にもたいへん緊密な関係を保ってきました。

今日においても、経済や産業の面はもとより、通勤・通学・イベント参観等を通じてあたかも両府県を一体とした基盤において日常生活を送っておられる方々が大勢いらっしゃいます。

 特に、われわれ産業人の立場からみますと、京都府に本拠を置き、滋賀県下に事業拠点を構えて活発な事業展開をしておられる企業が数多くございます。しかしながら、これらの企業の間では、事業運営上の諸問題や、行政とのかかわり等、お互いに共通する事柄について、刺激を与え合ったり情報を交換する場が欠けておりました。

 こうしたところから、去る平成7年に、京都府や滋賀県からのお呼びかけもあってこの琵琶のみやこ会が発足しました。過去4年間の活動実績を通じて、私共は、所期の目的に沿って一定の成果をあげつつあるものと自負しておりますが、このたびホームページを開いて諸活動の一端をご披露し、各方面からのご意見も頂戴しながら、ますます内容の充実をはかってまいりたいとかんがえております。建設的で有益なご意見をお寄せ下されば、これに優る喜びはございません。

以上